サプライチェーンと技術移転の研究で
日越の経済発展を支えたい
グエン・ティ・ビック・ハー さん
経済学博士

グエン・キム・ガン

経済的に恵まれない家族で生まれ育ったグエン・キム・ガンさんは、貧困から抜け出すために全力で勉強し、日本で経済学博士として企業のサプライチェーンの強化や日越技術移転などの支援に尽力。また、非営利団体「ベトアジ/BETOAJI」の仙台支部長として社会貢献活動にも従事している。

夢をかなえる努力の先に
日本との出会いがあった

経済学者のガンさんは、陽気な笑顔を浮かべながら日本へ渡ったきっかけを語る。

「小学校から高校までの間、友達が寝ている時間に、母を手伝うために早朝4時に果物を市場へ運んだり、放課後の5時からは市場でバナナやランブータンなどの果物を売ったりしていたので、いつも洋服が汚れていました」

小ぎれいな格好で果物を買ってくれる銀行員たちの姿を見て、「将来は銀行員になろう」と決心。必死に勉強してホーチミン市銀行大学を卒業した後は、晴れて銀行に就職した。

「子どもの時の夢が叶ったのに、生きがいはどんどんなくなってしまいました。信用調査部で働いていたとき、サプライチェーン管理が弱い企業をサポートしようにも知識が少なく何もできなかった経験から、サプライチェーンの知識を身につけるという新たな目標ができたのです」

大手日系企業で働く兄から日本の教育環境の良さを聞いたガンさんは、日本留学の機会を探し始めた。奨学金に何度申し込んでも落ち続けたときは、日本のことわざ「継続は力なり」を思い出して挑戦し続けた結果、ついに奨学金を受けて東北大学への入学が実現した。

「現在は大学院経済学研究科の助教として講義を担当するほか、サプライチェーンの研究も行っています。この分野の専門家になるために、一歩一歩進んでいるところです」

日越の経済交流や技術移転の促進という3つ目の大きな夢もできた。

「日本で暮らすうちに日越の架け橋になりたいと思うようになりました。現在は経済交流の促進に向けて、ベトナムのビジネスサプライチェーンに関する日本企業向けのセミナーの準備を進めています。将来は日越技術移転センターの実現にも関わりたいと思います」