観光発展による地元への貢献の夢から
社会的に影響を与える仕事が目標に
グエン・ティ・ビック・ハー さん
アジア開発銀行研究所キャパシティビルディング&トレーニングアソシエイト職員

グエン・ティ・トゥー・ニア

大手日本企業の若手リーダー育成プログラムへの参加後、グエン・ティ・トゥー・ニアさんは日本でもっと多くのことを学べると確信し、日本の大学院に入学。日本で身につけたマナーや習慣を個人で発信しつつ、ベトナムを含む政府機関のために人材育成コースを企画・研究する仕事を担当している。

日系企業での研修を機に
日本留学を決断

人気観光地ダナンで生まれ育ったニアさんは、地元の観光産業の発展に貢献したいとの思いから大学で英語学部を選んだ。1ヶ月で世界一周をする「ピースボート」がダナンを訪れた際は、現地のボランティアガイドとして日本人にダナンを案内し、一緒に食事をしたり、歌ったり踊ったりした。

「日本人や日本文化に触れたことで、当時の夢だったアメリカ留学以外に、日本への留学にも興味を持つようになりました」

2017年にはアジア太平洋地域の若手リーダーを育てる大手日本企業のイノベーショングローバルリーダーのプログラムに参加。英語が堪能で実務経験が3年以上あり、社会的課題解決への強い関心をもつ人のみが参加できる内容だ。

「これが人生のターニングポイントとなりました。研修で得た学びから、自分がどのような社会的影響を与えられるかを常に考え、より良い社会を構築するために行動することを心掛けるようになったんです

その後、修士号の取得のために日本の大学院留学の機会を模索。2017年の文部科学省(MEXT)の奨学金申請には通らなかったものの、翌年には新潟の国際大学(IUJ)の奨学金を獲得して日本留学を実現させた。

「若手リーダーの育成研修も実は2回目の申請での合格でした。1度失敗してもあきらめずに、再度チャレンジすることが大切なのだと思います」