育ててくれたベトナムへの恩返し
ITと優秀な人材で新たな価値を作る
グエン・ティ・ビック・ハー さん
ワコンチェ/ヴェッコイ代表取締役

野原 弘平(のはら こうへい)

高い技術力を持つベトナムのエンジニアを活かしたラボ型開発で、日本のIT業界を支える「ワコンチェ/Wacontre」の野原弘平さん。2016年からは人材サービス事業へも活躍の場を広げ、求人サイトの運営から人材紹介、自社開発のツールを用いた組織管理など、ベトナムでの会社運営に役立つ各種サポートを行っている。

ITを軸に柔軟に業態を変化
自立したプロの共同体を目指して

学生時代から海外と繫がりを持つビジネスサークルに入り、起業や海外での活動に興味を持っていたという野原さん。そんな彼が2010年、数ある国の中から距離的・文化的に近く、今後の発展性を考え選んだのがベトナムだった。

「まずはホーチミン市からハノイまでバスで縦断して視察を行いました。親切な人々や活気に沸く街並みに、ワクワク感が募りました」

当初、事業内容として決めていたのは「IT関連業務」のみ。そこでまずは自社のECサイトを作りベトナム製絵画の販売を始めた。その後はウェブサイト制作やシステム構築など企業からの案件が相次ぎ、社員数も増えていった。

しかし、日本からの受注案件では、どうしても指示をこなす受け身仕事に終始しがちになる。事業自体は順調だったが、自社の発展にはより自律的な組織作りが必要とされた。「会社のために自ら考えて動く」、そんな社員になってもらうにはどうすれば良いか。自問自答を繰り返す日々に、変化が訪れた。

「ちょうどオフショア開発からお客様が直接開発を行うラボ型に業務の軸を移した頃のこと。手の空いた弊社のエンジニアに自社アプリやウェブサイトの開発をしてもらいました。始めたのは求人サイトなどのベトナム国内向けのサービスです。すると、みんな生き生きと仕事をしてくれるようになったんです。ベトナムの人々や現地企業がお客様となるため、社員とお客様の間に直接の接点ができたことで、自発的に取り組んでくれるようになりました。もともとが優秀な人たちなので、意識や動機付けが合えばきちんと返してくれると気づかされました。おかげで日本人のお客様への対応を、今ではベトナム人スタッフが行ってくれることも。ふとしたきっかけでしたが、個々が専門性を持ち、自立したプロの共同体になれたことはとても嬉しいですね」