生産者と飲食店の橋渡し
現地の食品流通改革に貢献
グエン・ティ・ビック・ハー さん
カメレオCEO兼ファウンダー

田中 卓(たなか たく)

農協のような仕組みがないベトナムで、生産者と飲食店の間に起きる様々な流通課題。テクノロジーと自社流通網を駆使し、その効率化を目指す人がいる。ベトナム初の飲食店向けBtoB仕入れプラットフォーム「カメレオ/KAMEREO」代表の田中卓さんだ。

ベトナムで念願の飲食業界へ
独自システムで業務効率化を手助け

「幼い頃から飲食店をするのが夢でした。1度は証券会社で働いたものの、飲食業の方々のお話を伺ううちに、やはり『飲食の道に行きたい、成長中の活気のある国で勝負をしたい』と思い、海外に目を向けるようになりました」

しかし、知らない海外でゼロからの起業はハードルが高い。そこで経験を積むべく新興国を中心にリサーチを開始。興味を抱いたホーチミン市の日系レストランで採用を勝ち取り、ベトナムへ渡った。しかし、ベトナムの飲食や食材業界を知るにつれ、様々な課題に気がついた。

「日本には農協や大手卸売業者があり、農産物の流通経路が確立されています。一方、ベトナムの飲食店は市場や複数の卸業者から個々に仕入れることが多い。発注方法が都度異なる上、受発注のミスなど多くの問題がありました」

その経験を活かし2018年に独立、「カメレオ」を立ち上げた。提供するのは多彩な商品を一堂に揃えた受発注システム。ワンクリックで一括注文でき、数量や金額もシステム上で管理できるようにした。しかし、受発注の処理や配達は利用企業が行うため、商品を間違えたり配達が遅れたりと問題が頻出した。

「そこでダラットに集荷場を作り、自社で野菜を仕入れ販売する形に変更。配送も自社で行い、川上から川下まで網羅するサプライチェーンを構築しました。提携企業はレストランのほか、コンビニエンスストアや学校、病院など約2000社。日本人は私しかいませんが、現場のオペレーションから日々の改善まで、ベトナム人スタッフに助けられています」