ベトナムが導いた第3の人生
日本とベトナムをヨガで繋げたい
グエン・ティ・ビック・ハー さん
ヨガインストラクター

吉田 涼子(よしだ りょうこ)

独特な呼吸法と共に様々なポーズをとることで、心身をリラックスさせ健康を促すヨガ。ベトナムでヨガを始めたことを機に、本格的にその道に進んだ女性がいる。ホーチミン市のスタジオでアシュタンガヨガを教える吉田涼子さん。「ベトナムとの出会いが人生を変えた」。そう語る彼女にベトナムへの想いを尋ねた。

訪れたヨガ教室で運命の出会い
未経験からヨガインストラクターの道へ

「東京に住んでいた頃は街に階段が多く、よく歩いていたことから、運動を意識したことがないどころか、むしろあまり好きではない方でした。でも、ベトナムでの生活では全く動くことがない。運動不足を懸念して始めたのがヨガだったんです」
家族の仕事の関係から2014年にベトナムへ移り住んだ吉田涼子さん。東南アジアを訪れたこと自体が初めてという彼女にとって、現地での生活は日本とはかなり異なるものだった。そんな中、運動不足の解消にと訪れたヨガ道場で運命の出会いを果たす。
「まず道場の活気に驚きました。たくさんのベトナム人が通っていて、クラスの数も豊富。人で溢れる雰囲気に興味をかき立てられました。しかも初日のクラスの先生の存在感が凄くて。すっと伸びた背筋、堂々とした風格、凜とした佇まい…。道場に入ってきた先生をひと目見て、こんな人になりたいと憧れてしまったんです」
その先生に出会わなければ今もヨガは趣味のまま、インストラクターを目指すことはなかったかも知れない…。ベトナムでの出会いが、一人の日本人の人生を変えた瞬間だった。以降、吉田さんはヨガにのめり込んでいく。技術だけでなく、ヨガの哲学も母国語でしっかり学びたいと日本で専門のトレーニングを受講。全米ヨガアライアンスのインストラクター資格を取得した。2018年にベトナムへ戻ると、現地のスタジオで日本人向けのクラスを開講した。
「ところが、生徒がなかなか集まらない。試行錯誤の連続でした。そんな時、ベトナム人女性が営む別のスタジオから声がかかり、子ども連れでも受講できる親子ヨガクラスをはじめてみたところ、SNSや口コミで次第に受講生が増えていきました」
生徒が増えるにつれ、自信も増した。そこで、日本語だけでなく、英語でのクラスにも挑戦した。
「今ではベトナム、韓国、インド、香港、日本と、様々な国籍の方がクラスに来てくれるようになりました。最初は英語に自信がなく避けていた英語での指導でしたが、いざチャレンジをすることで更なる自信に繋がった気がします」

 

現地の住環境に最適なヨガ
指導者としての姿もベトナムが教えてくれた

吉田さんが教えるアシュタンガヨガは、動く瞑想とも言われ、他のヨガよりも集中力と忍耐力が必要でハードなヨガと思われがち。しかし大変ながらも続けるうちに身体が変わり、心が軽くなっていく感覚に夢中になる人も多い。
「ベトナムの人々はヨガが大好き。気分に合わせて様々なヨガに挑戦したりしています。特に都市部では屋外での運動が難しいからか、屋内でできるヨガは身近な存在。福利厚生の一環として社員のために終業後、オフィスに先生を呼ぶ会社もあるほどなんです」
ベトナム人が好むヨガは、ストレッチ系のゆったりとした動きのものが多いという吉田さん。しかし、中にはハンドスタンドやブリッジのようなアクロバットな動きを取り入れたクラスに挑戦する人もいる。
「ベトナムの人々の良いところは、誰もが自信を持っているところ。自分を美しくみせたり、格好良くみせたりするのが得意です。その姿勢はインストラクターとしても勉強になります。最初に出会った先生も同じ。私も今ではクラスが始まるとスイッチが入るかのように、自信を持って教えられるようになりました」

ヨガが取り持つベトナムとの縁
リトリートをテーマに新たな日越関係を作りたい

人気が高じて、吉田さんは2023年の4月から新しいクラスを増やした。ビギナー、ミドル、アドバンスドとクラスを分け、レベルに合わせた指導やステップアップができる環境を整えた。
「ベトナムでヨガと出会い、日本で資格を取り、縁あってまたベトナムでヨガを教えている。学生、会社員、そしてインストラクターと、私の第3の人生はベトナムで始まったようなものなんです。だからこそ、今後はヨガの指導だけでなく、日本とベトナムをヨガで繋ぐお手伝いができればと思っています」
メコンデルタの田園や近郊の海辺など、ホーチミン市からほど近いところにも複数のヨガスポットが点在する。そこで日常から離れ、自然の中でヨガや瞑想を行うリトリートツアーを旅行会社などが開催してくれると嬉しいと期待する。
「ベトナムに興味はあるけれど、訪れたことがない。そんな人たちのきっかけになるかも知れない。ベトナム人向けとして、日本でのリトリート企画でもいい。お互いがよりスムーズに行き来し、ヨガを通じて両国の関係がもっと深くなればと願っています」

 

1982年千葉県生まれ。東京での会社勤めの後、家族のベトナム赴任を機に2014年よりベトナム生活を開始。趣味で始めたヨガにはまり、全米ヨガアライアンス「RYT200」を取得。日本でインストラクターとして経験を積んだ後、2018年からベトナムでヨガの指導に従事する。

 

取材・文/杉田憲昭(Grafica Co.,Ltd.)
ベトナム語翻訳/Lưu Bích Dung
編集/Sketch Co.,Ltd.